元モデルの木村東吾さん、ランニング500キロをサンダルで走る、ワラーチとは?

スポンサードリンク
「ファッションモデルがサンダルで500キロ走る?」 「サンダルで走るなんて、スポーツサンダルの宣伝?」 と思ってしまいました。 木村東吾さん、年齢は53...

「ファッションモデルがサンダルで500キロ走る?」
「サンダルで走るなんて、スポーツサンダルの宣伝?」
と思ってしまいました。

木村東吾さん、年齢は53歳。被災地の支援を呼びかけると
いうことで、自宅の山梨県富士河口湖町から神戸市まで
500キロをサンダルで走りぬくそうです。
出発予定は30日。サンダルはサンダルでも、
手作りで、「ワラーチ」と呼ばれる、メキシコの
高地で暮らしている先住民が使っているものと
同じだそう。
この先住民は「走る民族」と称されるタラウマラ族。
長距離を走るのが得意らしいのです。

そのサンダルを見ると、
すぐに衝撃で足を痛めてしまいそうな感じですけれども、
人間が走るのに適した履物として、米国のランニング本では
紹介されるほど。

木村さん、すでに、自作ワラーチで過去にも
フルマラソンを完走した実績があるとのこと。
このサンダル姿だったら、すごく目立ちそうですよね。
なんだか、半分裸足で走っているように見えますし。

その気になるワラーチですが、
木村さんのブログの中でも、作り方が
紹介されています。
東急ハンズで材料はすべて揃うそうなので、
気軽にチャレンジできそうですよ。
これからの、マラソン大会シーズンに
ワラーチを履いて走る人も見かけるようになるかもしれませんね。

木村東吾さん
大阪生まれの53歳
20歳代は「ポパイ」というファッション雑誌で活躍
30歳代では、アウトドア関連において幅広く活躍中。


スポンサードリンク
PREV:スペイン皇太子賞受賞 「スーパーマリオ」を開発した任天堂の宮本専務へ。 宮本茂さんとは?今までは日本人の受賞者はいるの?
NEXT:鉄拳のパラパラ漫画「振り子」のBGMに使用されているミューズの曲は、どんな内容の歌詞なの?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です