鉄拳のパラパラ漫画「振り子」のBGMに使用されているミューズの曲は、どんな内容の歌詞なの?

スポンサードリンク
お笑い芸人鉄拳のパラパラ漫画「振り子」が英ロックバンドのMUSEの 公式ミュージックビデオに採用されたとして、ユーチューブで話題ですね。 すごく泣ける内...

お笑い芸人鉄拳のパラパラ漫画「振り子」が英ロックバンドのMUSEの
公式ミュージックビデオに採用されたとして、ユーチューブで話題ですね。
すごく泣ける内容で、4分という内容の中に、日本人夫婦の人生が
凝縮されていました。
内容的にはありがちなのかもしれませんが、見ていると
なんだか切なくて、人恋しくなりますよ。


また漫画とBGMがすごくマッチしているんですね。
日本人の家庭を描いた漫画なのに、世界中の人が
評価をしているみたいで、300万回も再生されているそうです。
そして、MUSEにも認められるほど、また世界的にもこの漫画が受け入れられたのは、
ミューズの曲のクオリティーの高さもあることですよね。

どんな内容の歌詞なのか少し調べてみました。
曲名は、「エクソジェネシス(脱出創世記)交響曲第3部(あがない)」
パートーナーに対して、もう一度やり直したいと
やり直させてくれとひたすら気持ちを綴っている内容です。
歌詞自体はすごく短いですが、
鉄拳が描く漫画「振り子」の主人公の気持ちと合っていて、
外国人にもうまく伝わったのかなと思います。

人生は一度きりで、振り子は止められない、時は淡々と流れている。

見ると、なんだか人に家族に優しくしたい、感謝したいと
思える作品なので、是非ともあなたにも見ていただきたいですね。


スポンサードリンク
PREV:元モデルの木村東吾さん、ランニング500キロをサンダルで走る、ワラーチとは?
NEXT:いまばりゆるきゃらのバリィさん、11月3、4日は1ポチPR活動で東京ソラマチに登場。出演予定は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です