元競輪選手の多以良泉己さんの天使のパン、9年待ち?奥さんはどんな人?高次脳障害とは?

2013mizukitaira
スポンサードリンク
元競輪選手の多以良泉己さんの作るパンは現在9年待ち。 「あす楽」、「即日出荷」などとスピードが重要視されている この世の中で、この気長に待ち続けない...

元競輪選手の多以良泉己さんの作るパンは現在9年待ち。
「あす楽」、「即日出荷」などとスピードが重要視されている
この世の中で、この気長に待ち続けないと食せない、

「天使のパン、ケーキ」

なんともやさしい響きですね。
2013mizukitaira
2005年の8月のレース中の落車事故により、

全身麻痺で言葉も離せないくらいのダメージを受けた多以良さん。
結婚してから5ヶ月後の出来事だったそうです。
奥様はかなりのショックだったでしょうね。
ですが、この事故にも負けずに二人三脚の
リハビリにより、歩行器を使って歩けるまでに回復。

その後、リハビリに良いと医師に勧められたのが、
パン作りだったそうです。
そのパンやケーキの味は友人の間で、
「1つ食べたら涙があふれる」
と言われるほど評判が良かったそうですよ。

それから2008年夏にパンの注文を受けるようになりました。
北鎌倉「天使のパン、ケーキ」

評判の良いパン屋の食べ歩き、素材にもこだわりぬいて、
1個1個心を込めて作るパン。話題が話題を呼び注文が殺到。

ですが、高次脳機能障害、脳脊髄液減少症、左脚麻痺を
かかえた体でパンを作るのは頑張っても3~5個。

この「天使のパン」は多以良さんが
「しあわせになってほしい」という願いが
込められており、とてもやさしい味がするそうです。

多以良さんが抱える高次脳機能障害。
あまり聞き慣れないですよね。
脳の一部の損傷で、記憶がとぶ、
注意力が散漫になるという、社会生活に支障をきたす症状なんです。
外見ではほとんど気づかれることはないそうです。


そして、もう一つ注目されるのが、
多以良さんの片腕とも言われる、奥様である宇佐美総子さん。
どんな人かというと、カウンセラーやモデル業、役者、司会者と
多方面で活躍されている女性なんです。
2013fusakousami
モデルをされているだけあって、お美しいですね。

これは、多以良さんに出会いからパン屋をオープンするまでを
綴った本だそうですよ。

お二人には現在、7ヶ月になる男の子がいるそうで、
逆境にもめげずに、第二の人生を歩みだし、
幸せいっぱいの生活を送られているみたいです。

夫婦の愛がたっぷりつまった、パンやケーキ。
きっと食べたら、元気が出てくるんでしょうね。
食べる前に、届いたことに感動して泣いてしまうかも…。

















スポンサードリンク
PREV:ねこの写真で作る文字が、無料でかわいいと「猫フォント」が今話題です。
NEXT:樹木希林が「わが母の記」で女優賞、全身ガン告白、お金?若い頃って?離婚?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です